住宅を手放す際に任意売却が選ばれている理由

住宅を手放す際に任意売却が選ばれている理由

室内

自宅を残せる

大阪では、任意売却がとても人気です。理由としては、住宅を残すこともできるからでしょう。ちょっとしたコツを掴めば、住宅を手放さなくても済むのです。大切な住宅に住み続けることができるので、多くの人が利用しています。

インテリア

高い価格で売れる

任意売却の場合は、競売よりも高い価格で住宅を売ることができます。その為、ほとんどの人が任意売却を利用しているのです。基本的に市場価格と同じような価格で売却できます。債務をできるだけ少なくすることが可能なのです。

模型

公に告知されない

競売にかけられてしまうと、住宅ローンを滞納していたことが公に告知されてしまうことがあります。しかし、任意売却であればこのような心配はありません。プライバシーが守られることから、任意売却を選ぶ人が増えているのです。

住宅ローン滞納の理由3選

婦人
no.1

仕事を失う

住宅ローンを滞納してしまう理由として一番多いのが、失職です。病気やリストラ、会社の倒産などによって、職を失ってしまう人も多いでしょう。仕事がなくなると、住宅ローンを払えなくなるのです。

no.2

無理な資金計画

資金計画がきちんとしていない場合も、住宅ローンを支払えなくなることが多くなります。住宅ローンを利用する場合は、無理のない返済計画を考えることも必要となるのです。

no.3

ギャンブルや浪費

ギャンブルや浪費などをすることで、住宅ローンを滞納してしまうことも珍しくありません。しっかりとしたお金の管理を心がけるようにしましょう。お金の管理が甘くなると、大きなトラブルを招いてしまうのです。

広告募集中